page top
松本調理師製菓師専門学校
松本調理師製菓師専門学校学校法人外語学園松本調理師製菓師専門学校

学科紹介

  • Wライセンス
  • 調理師養成科 基本技術の修得を重視し、最短で調理師免許取得
  • 調理技術学科 高度な技術をマスターし、一流の料理人を目指す
  • 製菓技術学科 製菓衛生師免許を取得し、パティシエやブーランジェに
  • 在学生の声
  • 卒業作品展

調理師とは■調理師とは

調理師とは

調理師は、調理師法(昭和33年法律第147号)で「調理師の名称を用いて調理の業務に従事することができる者として都道府県知事の免許を受けた者」とされています。
調理師は、外食産業の中で調理業務を担当します。外食産業とは、各種飲食店、ホテル・会館の料理部門、特定給食施設など人々に料理のサービスをする産業で、日本経済を支える一翼にまで発展しています。外食産業を支える職種は色々ありますが、その中でも調理を担当する調理師は業界の主役と言えるでしょう。また、飲食店などでは、調理師を置いて調理の業務を行うよう努めなければならないと定められており、調理師の資格はますます重要なものとなっています。
調理の仕事は材料の仕入れ、下処理、調理、盛り付けなどが流れ作業で行われ、たいていの調理場では分担して行われます。各々の担当は年期によって決められ、年期を積み技術の向上に伴ってより高度な技術を要する調理を担当することになるのが一般的です。実力次第で年期を経ずして現場の責任者になることもあり得ます。なお、料理長などの責任者になると、実際の調理だけでなくメニューの立案や材料費(原価率)の計算なども大切な仕事になってきます。
職業的な特性としては、サービス産業ということで勤務体制が早朝から夜間に及ぶことや、休日勤務が多いことなどがあげられます。また、包丁で食材を加工する手先の器用さや盛り付けなどの美的感覚が求められる一方、大量の料理をこなすことから体力も必要とします。さらに、料理をサービスする仕事なので常に健康で清潔に保つ意識も大切です。
このように調理師は非常に厳しい職業ですが、学歴に関係なく自分の実力だけで生きようと志す人や、人にサービスをすることに誇りを感じられる人に向いた仕事であるといえるでしょう。


調理師への道

調理師免許は、都道府県知事から付与されますが、調理師免許の取得方法は次の2通りあります。

  1. 厚生労働大臣が指定した調理師学校(養成施設)に入学し、1年以上調理師として必要な知識及び技能を修得した者
  2. 中学校を卒業した者で、2年以上飲食店などで調理の実務(助手や見習い)を経験した後に、厚生労働大臣が定めた基準により都道府県知事が行う調理師試験に合格した者

長野県は、年1回9月中旬に実施されます。
試験科目は、①衛生法規 ②公衆衛生学 ③栄養学 ④食品学 ⑤食品衛生学 ⑥調理理論 ⑦食文化概論の7科目について行われます。


調理師の将来

調理師の将来には様々な可能性があります。飲食店、ホテルなどに勤務して料理長を目指す道や、独立して自分の店を開く道などがあります。調理の仕事に学歴は関係なくあくまで実力本位で、日ごろの努力が大切になりますが、努力しだいで将来の可能性の広がるところが調理師の魅力のひとつだといえるでしょう。


専門調理師・調理技能士

昭和57年、調理師の高度な調理技術の修得意欲と、調理に関する知識および技術の向上発展に資することを目的として、調理技術技能評価試験制度が創設されました。
この調理技術技能評価試験制度は、厚生労働省所管の調理師法と職業能力開発促進法の両法に基づいて行われるもので、この試験に合格すると、厚生労働大臣から調理師法に基づく専門調理師の称号並びに職業能力開発促進法に基づく調理技能士の称号がそれぞれ与えられます。
この試験は毎年2回、日本料理、西洋料理、めん料理、すし料理、中国料理、給食用特殊料理の6部門で実施されており、実技試験と学科試験とからなっています。
学科試験については、調理師養成施設の卒業者の特例として卒業時に実施される技術考査に合格すると、学科試験が免除されることになっています。
一方都道府県知事が行う調理師試験に合格して調理師免許を受けたものは、免許取得後10年以上の実務経験を重ね、30歳以上になり、かつ定められた講習を受けなければ、この学科試験が免除にならないこととなっています。


船舶料理士

調理師免許取得後、船舶で調理業務に3年以上従事したもの(20歳以上)は、国土交通大臣に申請すると資格が取得できます。

製菓衛生師とは■製菓衛生師とは

製菓衛生師とは

昭和41年に製菓衛生師法が制定され、これに基づき製菓衛生師の資格が誕生しました。この制度は、菓子製造業に従事する者の資質を向上させ、公衆衛生の向上と増進を図ることを趣旨としています。
この資格は「製菓衛生師でなければ、製菓衛生師またはこれに類似する名称を用いてはならない」という名称の独占性はありますが、「製菓衛生師でなければ、菓子の製造はできない」ということではありません。もちろん、免許を持たなくても製造可能ですが、菓子製造業者の間に正しい科学的知識を普及させ、できあがった製品に対する信用を増大させる、またそういう風潮を作って質的向上をめざすということに眼目がおかれています。
製菓衛生師は、資格としての重要性が高まってくるとともに年々受験者が増えています。菓子製造を志す人は、ぜひ取得しておきたい資格です。


製菓衛生師への道

製菓衛生師になるためには、受験資格を得てから国家試験に合格しなければなりません。受験資格者は次のとおりです。

  1. 中学校卒業以上で、厚生労働大臣の指定する製菓衛生師養成施設で、1年以上製菓衛生師として必要な知識と技術を修得した人
  2. 中学校卒業以上で、2年以上の実務経験(製造施設を設け、パン・菓子を製造する営業をいい、パン・菓子を販売する営業または行商を含まない)のある人

菓子製造技能士・パン製造技能士

菓子・パンの製造技能を検定する国家資格で、取得すれば実力の確かな証明になります。
菓子製造技能士は洋菓子部門と和菓子部門があり、それぞれ1級と2級があります。パン製造技能士には、特級、1級、2級があります。
製菓技術学科の卒業生は、実務経験が免除で菓子製造技能士2級・パン製造技能士2級受験資格が得られます。
自分でケーキ屋さんやお菓子教室を開業する場合にも、菓子製造技能士・パン製造技能士はぜひ取得しておきたい資格といえるでしょう。

  • 最新TVCM公開中
  • 入学案内ガイドブック資料請求
  • 長野県専修学校各種学校連合会 レオパレス21
  • 企業の皆様へ 求人のお願い