page top
松本調理師製菓師専門学校
松本調理師製菓師専門学校学校法人外語学園松本調理師製菓師専門学校

在学生の声

鳥山明日香さん

鳥山明日香さん赤穂高校出身

調理師養成科

Wライセンス

料理もお菓子作りも大好きな私にとって、Wライセンスが取得できる本校は魅力でした。1年目の料理を学び始めて実感したのは基礎の大切さ。それまで自己流だった野菜の切り方や出汁のひき方。それらは料理の出来を左右するほど重要であることを、経験できています。
時間や規則に厳しいこともありますが、すべては社会に出れば当たり前のこと。学生のうちに身につけ、社会に出たいと思っています。そして、2つの資格を生かし、人々を笑顔にできる料理やスイーツを提供し、いつかは自分の店も持ってみたいです。

     
徳武優樹さん

徳武優樹さん更級農業高校出身

製菓技術学科

Wライセンス

お菓子作りだけでなく、料理にも興味を持ったのは高校時代。農業実習で育てた野菜を使って料理をした時でした。将来は「食」の仕事に携わりたいと思い、2つの資格が取れる本校への入学を決めました。
授業では実習を通してしっかり学べますし、自主的に聞きに行けば分かりやすく教えてくださいます。私もデコレーションケーキの基礎技術「ナッペ」では放課後の自主練習でアドバイスをいただきました。
自分で積極的に学ぶ姿勢は大切ですが、指導が丁寧なので、着実に技術を身につけることができます。

眞山幸士さん

眞山幸士さん野沢南高校出身

調理師養成科

1日も早く現場で働きたかったので、1年で基礎がしっかり学べる学科を選びました。包丁技術をはじめ基礎の習得のためには練習を重ねました。
卵料理の基礎「オムレツ」も、放課後に友人と競い合って技術を磨き、先生の丁寧な指導で自信を持つことができました。
同じ目的を持つ友人や、厳しくも温かい先生方に囲まれ、充実した1年間が過ごせます。

今須健太郎さん

今須健太郎さん上伊那農業高校出身

調理技術学科

基礎の大切さを思い知らされる包丁技術のテスト「かつらむき」。
初めは5cmくらいで切れていたのに、今では1.6m以上と技術の成長を感じています。もちろん練習はしましたが、丁寧で分かりやすい指導があったからこそです。
校外実習では家族にフルコースを振る舞う機会をいただき、料理で人を笑顔にする喜びを改めて実感しました。さらに技術を高めたいと思っています。

下平愛実さん

下平愛実さん塩尻志学館高校出身

製菓技術学科

子どものころから家族や友人にお菓子を作って喜ばれることが嬉しく、仕事にしたいと思うようになりました。
本校に入学を決めたのは、技術はもちろん、社会性も重視する指導方針だったことです。
自主的な練習は必要ですが、プロの職人でもある先生方の指導は授業でも放課後の指導でも的確。距離感が近いので質問もしやすく、知識や技術が習得しやすい環境です。

  • 最新TVCM公開中
  • 入学案内ガイドブック資料請求
  • 長野県専修学校各種学校連合会 レオパレス21
  • 企業の皆様へ 求人のお願い