page top
松本調理師製菓師専門学校
松本調理師製菓師専門学校学校法人外語学園松本調理師製菓師専門学校

卒業生の声

松本調理師製菓師専門学校を卒業した先輩からのメッセージ■松本調理師製菓師専門学校を卒業した先輩からのメッセージ

唐木春奈さん

唐木春奈さん

製菓技術学科 2013年卒業

学校では挨拶や時間厳守など厳しいこともありましたが、すべては当たり前のことだと、社会に出てから実感しました。そして、今の仕事のベースになっているのが学校で学んだこと。技術のスピードと正確さを身につけられたことや、ケーキの美しさを決める色彩の組み合わせが生かされています。
パティシエは体力勝負。大変なこともありますが、自分の技術が上がると仕事の幅が広がる、やりがいのある仕事です。

就職先miwa&torte上伊那郡南箕輪村9633-3

丸山智美さん

丸山智美さん

調理師養成科+製菓技術学科 2013年卒業

県内で唯一、Wライセンスを取得できることから入学しました。和洋中、和洋菓子、パンとすべての実習を経験し、食べることの大好きな私はいつも楽しんでいました。
現在は、調理と製菓の技術を生かしながら、ホールでの接客もして「おいしかった」の言葉に元気をもらっています。調理、製菓ともに苦労の先に楽しさがあります。何事もあきらめずに取り組んでほしいと思います。

就職先NAPOLI PIZZA TASUKU安曇野市堀金烏川3132-1

西美可子さん

西美可子さん

製菓技術学科 2015年卒業

レストランやカフェ、結婚式のデザートの盛り込み、ウエディングケーキのマジパン作り、それにアップルパイはリンゴ煮から組み立てまでを担当しています。私が盛り付けたデザートをおいしそう食べるお客様の姿を見るととても幸せな気分になります。
パティシエは人を幸せにし、自分も幸せになれる仕事であることを感じ、毎日楽しく働いています。今、こうして幸せに仕事ができることを、松調の先生方に感謝しています。

就職先THE FUJIYA GOHONJIN長野市大門町80

銭澤秋菜さん

銭澤秋菜さん

製菓技術学科+調理師養成科 2015年卒業

「食べている時は幸せ」と思うことが多かったので、私がその幸せを作る人になりたくて、この仕事を選びました。自分で作った料理を食べたお客様から「おいしい」と言われると、その一言で幸せだなと実感します。これは学校ではあまり感じられなかった喜びです。
学校の勉強は辛いことや苦しいこともたくさんありますが、必ず自分を成長させてくれることです。夢をあきらめずに、自分がなりたい仕事を目指してほしいです。

就職先カフェレストペリカン中川店上伊那郡中川村片桐4008-1

永井紗希さん

永井紗希さん

調理技術学科 2014年卒業

接客のほか、デザートやカクテル、ピザ作りをしています。イタリアンやアジアン料理、中華などメニューが多いので、学校で学んだ和洋中華、創作料理の知識や技術が役立っています。
自分の好きな仕事を通して、多くの方々との人脈も広がり、とてもやりがいを感じています。これからもお客様や職場の仲間への感謝を忘れずに、自分から気付き、興味を持って行動を起こし、スキルアップすることが大切だと思っています。

就職先草木万里野上田店上田市住吉道前291-1

柳沢亮太さん

柳沢亮太さん

製菓技術学科+調理師養成科 2015年卒業

Wライセンスに魅力を感じ、2つの資格を取りました。今はパスタやケーキ作りを担当し、料理を食べたお客様が笑顔になったり、帰り際に「おいしかったよ」「また来るね」と言われたりすると嬉しくなります。また、自分が提案したケーキが採用され、それが売れると自信にもなります。
職場に入ると、時間をかけて技術が学べなくなるので、学生のうちに基礎的な技術を身に着け、応用力や判断力も磨くことをおすすめします。

就職先珈琲哲學松本店松本市村井町西2丁目1-35

百瀬泰智さん

樋口達也さん

製菓技術学科 2014年卒業

お菓子作りを深めるために、料理も学ぼうと入学を決めた学校でした。先生方や仲間がみんな明るく、楽しく学べたことを思い出します。中でもテストの課題だったショートケーキは頑張りました。
現在は、看板商品の「くるみやまびこ」の製造を担当しています。材料の計量なども大量なので力作業も多いですが、何よりお客様の笑顔が見られる素晴らしい仕事であることを毎日実感しています。

就職先ヌーベル梅林堂茅野店茅野市豊平1936-1

井口優花さん

井口優花さん

製菓技術学科+調理師養成科 2014年卒業

和食を中心に、刺し身や前菜、デザートなどを担当しています。時々開催するバイキング会場ではライブキッチンに立ってお客様の前で寿司を握ることもあります。厨房では聞けないお客様からの「おいしかった」という反応がとてもうれしいです。
包丁の使い方や研ぎ方、また衛生管理や日々の挨拶など、学校で教わった基本の大切さを改めて感じることもあり、先生方には本当に感謝しています。

就職先ささや上田市中央2-15-12

百瀬俊彦さん

百瀬俊彦さん

製菓技術学科+調理師養成科 2014年卒業

在学中に同じ志を持つ仲間とグループ作業をした時に得た達成感や、共に高め合うライバルと一緒に学べたことが今に生きています。
もともと食べることは好きでしたが、厨房に立つようになってから気付かされる事も多く、一つ一つの食材の知識が増えるほど自分の意識も高まり、仕事が楽しくなっています。
厨房の作業は長時間の立ち仕事で夜も遅く、大変なことも多いですが、とても楽しいです。

就職先寿司処おおたき総本店松本市白板2-3-35

宮坂裕さん

宮坂裕さん

製菓技術学科+調理師養成科 2014年卒業

地元産の小麦を使ったクロワッサンなど25種類ほどのパンを作っています。調理と製菓の両方の知識を生かし、惣菜パンの提案や新商品の開発なども手掛けています。
他のスタッフから相談されることもあり、在学中のノートを読み返しながら役立てています。Wライセンスの挑戦は忙しく、とても濃厚な時間でしたが、学校で教わった基礎の大切さを感じています。自分を高めながら新商品を作っていきたいです。

就職先村のパン屋さんちくほっくる東筑摩郡筑北村西条3508

小林真衣さん

小林真衣さん

製菓技術学科 2013年卒業

自分が手掛けたケーキを見て「かわいい!」とか「おいしかったよ!」と笑顔で言っていただけると元気が出てきます。
子どもの頃からお菓子作りが好きで、家族や友人たちの笑顔を見ることがうれしかったのですが、お客様の笑顔を見るとお菓子作りの仕事に就けて本当に良かったと思います。
現場では技術だけでなく座学で学ぶ知識も必要となるので、しっかり勉強しておくことをおすすめします。

就職先お菓子工房春色東御市常田字ヤクシ497-1

上野優さん

上野優さん

調理技術学科 2013年卒業

先輩やお客様、業者の方など、多くの人との出会いによって自分の振り幅ができたと感じています。
ロースト料理をメインとする店舗で牛や豚、羊などの肉のほかジビエ、魚など多彩な食材を知り、味わうこともあります。部位によって味が大きく違うことやワインとの相性なども勉強になり、日々学ぶことの多い職場です。初めは叱られることの方が多いですが、それ以上にやりがいのある仕事です。

就職先ロティスリーレストロリン+8(プリュスユイット)松本市大手3-2-27松本城大手門駐車場北棟1F

岩﨑まみさん

岩﨑まみさん

製菓技術学科 2013年卒業

焼きドーナツやマカロンなどの焼き菓子を担当しています。お客様の笑顔が何よりうれしいですが、特に子どもたちが喜ぶ顔を見ると「また頑張ろう!」と思います。
在学中に必死で頑張ったスポンジに生クリームを塗る「ナッペ」の技術が役立ち、生菓子の仕上げをすることもあります。今は与えられた仕事を正確にこなすことで精一杯ですが、いずれは新商品で子どもたちの笑顔を引き出したいです。

就職先お菓子工房春色東御市常田字ヤクシ497-1

田中咲樹さん

田中咲樹さん

製菓技術学科+調理師養成科 2014年卒業

子どもの頃から食べることが好きで、自分でおいしい料理やお菓子が作れたらいいなと思い、Wライセンスを目指しました。
現在はホールと厨房の仕事をしながら、ピザや前菜、サラダ、デザートの盛り付けなどをしています。毎日おいしい料理に携われることにやりがいを感じています。
包丁の技術が身についた事や、試験対策の資料を豊富に提供していただいた事など先生方の協力に感謝しています。

就職先リストランテDOLCE長野市稲田3-37-10

若林晶太さん

若林晶太さん

製菓技術学科 2014年卒業

材料の計量から始まり、最近はスポンジやプリンの焼き加減をみる窯の勉強など仕事の幅が広がっています。窯には温度計もタイマーもありますが、数字だけではない「感覚」が少しずつ分かってきたような気がします。
最近、友人から注文を受けたケーキを希望の形にして渡した時の笑顔に、改めてパティシエの喜びを実感しました。これからも喜んでもらえるお菓子作りを続けていきたいと思います。

就職先パティスリー・ヒラノ飯山市飯山2228

  • 最新TVCM公開中
  • 入学案内ガイドブック資料請求
  • 長野県専修学校各種学校連合会 レオパレス21
  • 企業の皆様へ 求人のお願い