松本調理師製菓師専門学校

department学科紹介

在学生の声

在学生の声

  • 写真:東田葉月さん
    東田 葉月さん
    飯田女子高校出身

    料理に合うデザートを作るパティシエールになりたい

    子どもの頃、卵と牛乳の苦手だった私に、手作りのお菓子を通して栄養バランスを教えてくれた母の影響から、お菓子作りが好きになりました。製菓を蒼莱の仕事として考えた時、料理の基本を知った上で専門的なことを学ぶほうが役立つと思い、Wライセンスの取得を決めました。飲食店の経営者でもある先生方の言葉には実践的な助言が多く、また質問にも丁寧に答えてくださるので積極的に聞くようにしています。将来は2つの資格を生かし、料理とマッチしたデザートが作れるパティシエールを目指したいです。

  • 写真:木村海斗さん
    木村 海斗さん
    鹿島学園高校出身

    料理もデザートも提供できる自分の店を持ちたい

    オープンキャンパスに参加した時、講師の先生と同じように学生たちが指導してくださる姿を見て、本校なら着実に力がつけられると実感しました。2つのライセンスがあれば、将来の選択肢が広がると思い、まずは学校になじむことを考えて1年制の調理師養成科へ。いつもは何気なく食べていた食への関心が深まり、食育インストラクターの資格も取得しました。いつかは子どもや高齢者など幅広い世代が食べやすい料理やデザートが提供できる店を持ちたいと考えています。

  • 写真:長瀬篤さん
    長瀬 篤さん
    上伊那農業高校出身

    やっただけ上達する料理の面白さも実感しました

    実家が飲食店で、父は本校のOB。私も父のようになりたいと思い、基礎を学ぶ調理師養成科を選びました。1年間で和洋中華を学ぶので、時間はあっという間ですが、とても充実した時間でした。思い出は厚焼き卵。試験に向け、毎日半端ない数の卵を使って特訓しましたが、やっただけ上達する料理の面白さも実感しました。さらに現場で力をつけたいです。

  • 写真:小川鉄太さん
    小川 鉄太さん
    豊科高校出身

    知識があると世界が広がる

    学び始めて分かったのは、知識があると世界が広がるということです。決して器用なタイプではないので、魚をさばくのは無理だと思っていたのですが、三枚おろしができた時は感動しました。また、包丁の研ぎ方や出汁の取り方なども料理の楽しさを教えてくれました。興味のある西洋料理を深め、いつかは自分の店を持ちたいと思っています。

  • 写真:坂口琴美さん
    坂口 琴美さん
    長野南高校出身

    人を感動させるお菓子を作りたい

    手作りクッキーに感激する祖母の姿を見て、人を感動させるお菓子を作りたいと思い、2年間しっかり学べる本校に入学しました。最初の難関はケーキの生地にクリームを塗るマスケ。先生にコツを聞きながら放課後や自宅での猛特訓での成果が自信になり、お菓子づくりの楽しさが増えました。人が幸せな気持ちになるお菓子作りを目指します。