松本調理師製菓師専門学校

lecturer講師紹介

調理実習講師

時代の“今”を伝える現役職人の講師たち

松本調理師製菓師専門学校の講師陣は、第一線で活躍している現役の調理師やパティシエ、パン職人たち。自分で店を持ち、あるいは毎日お客さんに料理やデザート、パンを提供しているから、素材の生かし方や魅力ある盛りつけのデザイン、お客さんの立場に立った物事の考え方など、実践に即した授業が受けられます。
今の現場を知るプロだからこその言葉には重みがあり、充実した授業につながっています。

  • 写真:草間民安
    日本料理
    草間 民安Tamiyasu Kusama
    日本料理 草創庵』オーナーシェフ

    現実は厳しく、時に挫折したり、回り道をしているのではないかと錯覚することもあるでしょう。しかし数年後には近道だったと思えるはずです。一人前の調理師と言われるようがんばってください。

  • 写真:津村寿美
    日本料理
    津村 寿美Hisami Tsumura

    人間が生きてく上で一番大切なことが「食」。学校で調理技術を高めることはもちろんですが、食事をすることの意味を考えたり、食材の背景にあるものを感じていくことも大切です。

  • 写真:長田崇
    日本料理
    長田 崇Takashi Nagata
    ながた寿し』料理長

    「本当のおもてなしとはお客のいないところにこそある」。つまり、来たるその時の為に自分がどれだけ努力し準備できたかが重要であるということです。日々の精進を怠らずしっかりと学びましょう。

  • 写真:山越信治
    日本料理・特別講師
    山越 信治Nobuji Yamakoshi
    駒ヶ根グリーンホテル』専務取締役総料理長

    素材や食の歴史、今の経済など、どんなことにも興味を持ち、好奇心旺盛に学んでください。良い意味での遊びを知ることは大切ですが、決して楽をしないこと。苦労を取る心、これが料理です。

  • 写真:座間昭光
    日本料理・特別講師
    座間 昭光Akimitsu Zama

    何にでも興味を持ち、自分のものにすることが大切です。すべての人に与えられた時間は同じなのだから、時間で区切ることをせずに、仕事に夢中になって自分で成長していく数年間は必要です。

  • 写真:正木裕治
    日本料理・特別講師
    正木 裕治Hiroharu Masaki

    世界遺産に登録された日本食文化を次世代に向けて守り、伝えていくのが私たちの使命です。みなさんの夢の実現をお手伝いできる喜びを感じています。内に秘めた才能を磨いていきましょう。

  • 写真:熊谷浩司
    日本料理・特別講師
    熊谷 浩司Kohji Kumagai
    王滝』総料理長

    料理の世界に近道はなく、回り道にこそヒントがあります。与えられた時間を有効に使い、先を読んで行動することです。人に良いと書く「食」を作ることが、すべての料理人に課せられた使命だと思います。

  • 写真:村田宏和
    中国料理
    村田 宏和Hitokazu Murata
    CHINESE DINING 油家』オーナーシェフ

    食に関わる仕事は、華やかな世界を演出できる反面、地味な作業の繰り返しです。しかし真摯な姿勢で取り組み、人に喜んでもらえる美味しい料理を作る努力をすれば、やがて喜びに変わります。

  • 写真:兵藤英人
    中国料理
    兵藤 英人Hideto Hyoudou
    『中華料理 楡林』オーナーシェフ

    私が調理師を目指したきっかけは「おいしいものを食べたい」という好奇心。これから料理の世界に入る人にも「食べることが好き」「料理をすることが好き」という気持ちを大切にしてほしいです。

  • 写真:小木曽正志
    中国料理・特別講師
    小木曽 正志Masahi Ogiso
    シルクホテル』総料理長

    料理の世界は難しいことは一つもありません。簡単です。「料理を覚えるという向上心」「素直な気持ち」「何かを犠牲にできる強さ」「失敗を恐れない勇気」を持って一生懸命やれば誰にでもチャンスはあります。

  • 写真:大平宣男
    中国料理・特別講師
    大平 宣男Norio Oohira
    四川乃華』料理長

    仕事を好きになればなるほど、もっと上の仕事がしたくなります。仕事を覚えたら2つ挑戦すること。1つは覚えた仕事を自分の技術として磨くこと、もう1つは先輩の仕事を盗むこと。そうして自分の引き出しを増やしてください。

  • 写真:武田真幸
    中国料理・特別講師
    武田 真幸Masaki Takeda
    『小皿中国料理 間道』オーナーシェフ

    人間が生きてく上で一番大切なことが「食」。学校で調理技術を高めることはもちろんですが、食事をすることの意味を考えたり、食材の背景にあるものを感じていくことも大切です。

  • 写真:荷屋忠明
    西洋料理
    荷屋 忠明Hisami Tsumura

    食べることが好きでこの道に入り、食材の組み合わせを考え、料理のおいしさや、お客様に喜んでもらえる味づくりを求めています。いつまでも毎日が勉強です。基礎をしっかり身に付けてください。

  • 写真:﨑元伸郎
    西洋料理・特別講師
    﨑元 伸郎Nobuo Sakimoto
    グローカルフーズ・ネーブル』オーナーシェフ

    お客様に喜んでもらうため、おいしさを求めるのはもちろんですが、「食」は社会構造や人の気持ちなど全ての基礎でもあるものです。調理技術だけでなく、様々な価値観にもアンテナを張り、ずっと勉強し続けて欲しいと思います。

  • 写真:金澤光久
    西洋料理・特別講師
    金澤 光久Mitsuhisa Kanazawa

    学校ではプロの料理人としての必要な技術は教わりますが、授業に参加する姿勢が薄ければ学生生活の時間はムダです。基礎・基本は重要な武器になるので、先ずは近い将来の「目標」と「夢」を決めてください!変化しますよ!!

  • 写真:野田真一
    西洋料理・特別講師
    野田 真一Shinichi Noda
    白馬東急ホテル』総料理長

    まずは料理や調理を好きになること、そして目標を持つことです。プロ野球選手に例えるなら、入団後どれだけ人と違う努力をするかで、その後が決まります。どんな職業も同じ。目標があれば取り組む姿勢も真剣です。頑張りましょう。

  • 写真:Momo Benzemam
    西洋料理・特別講師
    Momo Benzemam

    Bonjour a tous! パリ出身のMomo Benzemamです。フランスの伝統料理をご紹介します。教本、レシピを読みこなし、基礎を身につけ、何故このように調理するのか、どんなことに気をつけるのかを暗記のみではなく、しっかりと理解した上で調理することが大切です。

  • 写真:酒井崇充
    西洋料理・専任講師
    酒井 崇充Takamitsu Sakai

    みなさんには、ぜひ“できる”調理師になってほしいです。それには、まず「次は何をするべきか」を考えながら作業する癖をつけてください。先輩として、現場で学んだことを伝えたいと思います。

  • 写真:篠原公代
    集団給食
    篠原 公代Kimiyo Shinohara

    将来を見据え、今、できること、やるべきこと、自分にしかできないことを念頭に置き、自分の可能性探しのために、目標を持ち勉学に励み誰かの役に立つ自分をみつけて下さい。